映画『スノーホワイト』のシャーリーズ・セロンの吹替は小雪

snowwhite01
このエントリーをはてなブックマークに追加

シャーリーズ・セロンのラヴェンナ女王役の美しさが神がかっていると映画『スノーホワイト』がヒットしています。

ラヴェンナ女王は、白雪姫スノーホワイトの継母で、もともと美しい人だったのですが、美に取り憑かれ、「鏡よ鏡よ鏡さん、この世で一番美しいのは誰?」と鏡に聞き、白雪姫を毒リンゴでなきものにしようとする、というおなじみの役柄ですが、シャーリーズ・セロンが演じるラヴェンナ女王は、一味も二味も違います。




もともと、ラヴェンナ女王役はウィノナ・ライダーにオファーされていました。

汚れ役もこなすようになったウィノナ・ライダー版も見てみたい気もするのですが、やはり、シャーリーズ・セロンの美しさ、そして、老いがわずかに見えてきた感じ、が、ラヴェンナ女王にぴったりなんです。

この映画は、吹替版も同時上映されているのですが、シャーリーズ・セロンの吹替えは、女優の小雪がやっています。

神々しい美しさのシャーリーズ・セロン


VS 

能面顔の小雪

え?

( ゚д゚)


小雪さんすてき。

小雪さん、お綺麗だとは思うんですが、メディアで持ち上げられてるほどではない気がする、と思うのは私だけではないはず。

映画『スノーホワイト』は、3部作構成ということで、あと2本制作することが予定されているそうです。

サウンドトラック盤もお勧めです。

Snow White & The HuntsmanSnow White & The Huntsman
Soundtrack

Republic
売り上げランキング : 1597

Amazonで詳しく見る

Popular Posts:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, internet marketing and House Plans