ドル/円、市場最安値更新

s-dollar
このエントリーをはてなブックマークに追加

円高ドル安が続く中、また、市場最安値となる75.70円台をつけました。

1973年に変動相場制に移行して以来の最安値です。

果たしてこの先どこまで行くのか気になるところですが、エコノミストによっては、円高が更に進み50円近くまで行くんじゃないかなんていう人もいます。


日本政府は何をしているかというと、民主党になってからは、歴代財務大臣は口をそろえて「市場の動向に注視していく」 と言うばかり。もちろん、滅多なことが言えないのは分かるんですが、もう少し、強いところを見せていただきたいところです。

ちなみに、1949年から1971年まで、対ドルで固定相場であり、360円と決められていました。一説では、円が360度だから、という話もあります。

でも実際は、

米ドルを介した金為替本位制により、1円の金平価は2.4685mgとなった。この価格は、1ドルの金平価1/35トロイオンスを、当時の対ドル円為替相場である1ドル=360円で割って算出されたものである
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86_(%E9%80%9A%E8%B2%A8)

というのが実際とのことです。

Popular Posts:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, internet marketing and House Plans