米雑誌GQが選ぶ最も影響力のあるハゲはあの人に

マイケル・ジョーダン
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの雑誌『GQ』が、世界で最も影響力のあるハゲのベスト100を発表しました。
納得のあの人から、そういえばのあの人まで、俳優、歌手、科学者、政治家、宗教家、など、様々な分野から選ばれましたが、気になる、最も影響力のあるハゲに輝いたのは、元プロバスケットボールプレイヤーのマイケル・ジョーダンでした。

現在52歳の彼は、NBAのチームを買収し、実業家として活躍しています。
2013年の年収は91億円だったとも言われ、総資産は1200億円を超えているとか。
ただのハゲじゃない、お金を持ったハゲですね。

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダン



第2位には、アジア圏から唯一、ダライラマ14世がランクインしました。
アメリカでは、リチャード・ギアが彼をサポートしていることで有名です。
ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマ14世



そして3位には、我らが親愛なるハゲ、ブルース・ウィリス先生が見事入賞です。
「男ってのは髪の量で決まるんじゃない!ハートで決まるんだ!」
は名言として、いつまでも語り継がれることでしょう。
ブルース・ウィリス

ブルース・ウィリス



その他、気になる順位としては、95位には、あの大ヒットシリーズ「ハリーポッター」からヴォルデモート卿がランクインしています。
たしかにあのハゲは印象的でした。
演じたレイフ・ファインズは禿げかけ、といったところです。
演じたレイフ・ファインズ

演じたレイフ・ファインズ



私の大大大好きな、俳優のクリストファー・メローニ様は97位にランクイン。
大人の男性って感じでセクシー過ぎます。
クリストファー・メローニ

クリストファー・メローニ



ベストテンはこちら

1.マイケル・ジョーダン(元プロバスケットボールプレイヤー)
2.ダライ・ラマ14世(チベット仏教)
3.ブルース・ウィリス(俳優)
4.ドラマ『ブレイキング・バッド』でウォルターを演じるブライアン・クランストン(元高校教師の役)
5.ジェフ・ベゾス(アマゾン創設者)
6.サミュエル・L・ジャクソン(俳優)
7.ルパート・マードック(メディア王)
8.デイブ・シャペル(コメディアン)
9.ルイスC.K.(コメディアン、脚本家)
10.マシュー・ワイナー(脚本家)

The 100 Most Powerful Bald Men in the World
http://links.condenastgq.mkt6333.com/ctt?kn=39&ms=ODA0MTYzNgS2&r=NjEyMzM0Nzg0OTUS1&b=0&j=NzYwMzc1NTY4S0&mt=1&rt=0

Popular Posts:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, internet marketing and House Plans