アメリカの同性カップルが養子縁組を解消し、晴れて結婚へ

幸せそうなビルとノーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのペンシルベニア州で同性婚が合法化されたことにより、また一組、幸せなカップルが誕生しました。
彼らの名はビルとノーマン、1994年にニューヨークで同性パートナーシップを結び州に登録していたものの、引っ越した先のペンシルベニア州では、まだ同性婚が認められていませんでした。


幸せそうなビルとノーマン

幸せそうなビルとノーマン


たとえ長年連れ添ったパートナーであっても、法的な根拠がなければ、病院での様々な手続きや、相続など、他人として扱われてしまいます。

彼らも同性婚を願いますが、「ペンシルベニア州が同性婚を認めることなんて絶対ない」と言われたそうです。

そこで彼らは、養子縁組をすることにしました。ビルがノーマンを養子として登録したのです。
(日本でも同性カップルが養子縁組をすることがあるそうです)

しかし、去年、全世界的な流れもあってか、ペンシルベニア州でもついに同性婚が認められることになりました。

すでに養子縁組をして、法律上は親子となっている二人ですが、その養子縁組を解消するため、法廷に立つことに。
養子縁組の解消を認めることが判事より伝えられた時のことをノーマンは、

「法廷が拍手で溢れかえった。私の目にも涙が溢れでた」

と語っています。

養子縁組が解消され、晴れて結婚した二人。

人を愛し、愛されることは素晴らしいことで、誰にも止める権利はありません。

お二人の前途に祝福を!

http://www.gaystarnews.com/article/gay-couple-originally-registered-father-and-son-marry250515

Popular Posts:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, internet marketing and House Plans