今日10月16日はSpiritDayです。テーマカラーの紫でLGBTの若い人たちへのいじめや嫌がらせへの反対を表明しよう!

紫色に染めてサポートしよう!
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日10月16日は、SpiritDayです。SpiritDayは、2010年から始まったイベントで、若いLGBTが受ける学校でのいじめや、嫌がらせ等への反対、サポートを表明するため、テーマカラーの紫を身につけるキャンペーンです。アメリカで始まったイベントですが、日本でも若いLGBTへのサポートがもっと広まって欲しいです。


紫色に染めてサポートしよう!

紫色に染めてサポートを!


その前に、LGBTとは?

L:レズビアン 女性同性愛者
G:ゲイ 男性同性愛者
B:バイセクシャル 両性愛者
T:トランスジェンダー 生まれたときに法律的/社会的に割り当てられた性別にとらわれない性別のあり方を持つ人
http://www.nhk.or.jp/heart-net/themes/lgbt/


若いLGBTの環境は?


若いLGBTは、昔よりは、情報を得やすくなったとはいえ、学校などでのいじめや嫌がらせによって、自殺をするケースも数多くあり、様々な調査もありますが、実態は調査数の何倍にもなるんだろうと思います。
LGBTだということによって受けるいじめなどは、本人に全く否がないのです。
そういったいじめなどへの抗議だけではなく、サポートをしてくれる人はいっぱいいるよ、相談していいんだよ、ということをできるだけ多くの若いLGBTに知ってもらえたらと思います。
サポートの環が広がっています

様々な企業、団体もサポートを表明しており、アメリカのトヨタフィナンシャルサービスは、非政府組織のGLAADと協力して、スマートフォン用のSpiritDayアプリを作成しています。

アプリを使えば、簡単に自分の写真を紫色にすることが出来ますし、下記のサイトでも、すでにツイッターに登録している自分の写真を簡単に紫にできます。
http://twibbon.com/support/spiritday

その他にも、グーグルやペプシなど、大手企業も協賛しています。

日本では、起業などの目立った参加はないものの、ツイッターなどでは様々な方がサポートを表明しています。

日本だけでなく、世界に誇る漫画家、田亀源五郎先生も。


LinkedIn Japanも。



トランスジェンダーの女優として、はじめて『TIME』誌の表紙を飾ったLaverne Coxラヴァーン・コックスも。


CNBCのニュース番組も。



その他、GLAADのSpiritdayのサイトには、マライア・キャリーやニック・ジョナスをはじめ、多くのセレブや企業、団体が協賛として名を連ねています。

少しでも多くの方に、LGBTのことを知っていただき、同じ人間なんだ、ということをわかっていただけたらと思います。

“IT GETS BETTER”


もし今いじめられているGLBTに限らず若い子がいたら、このことを覚えていて欲しいです。


“IT GETS BETTER.”

いじめをしているような人は、ろくな大人になりません。
辛くて悲しければ、最悪な方法を選ぶよりは、逃げ出してもいいと思います。
あなたの未来はあなたのものです。
そのために責任も持たなければなりませんが。
いづれ、誰かを愛し、誰かに愛される時が来ます。
必ず素晴らしい時が来ます。

Popular Posts:

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

Powered by WordPress | Designed by: buy backlinks | Thanks to Ventzke & Partner, internet marketing and House Plans